2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

こちらもおススメ

  • Win-WinProject
    Win-Winを生み出そうと奔走中!私もメンバーの一員です

最近のトラックバック

1/2成人式&キッズドリームマップ

決めました! 2013年1月14日(祝・成人の日)に 1/2成人式&キッズドリームマップを 地元公民館(池田公民館)で開催します。 主な対象は小4キッズ(小3以上は応相談) 10時~16時までの予定で お弁当持参で子どもだけの参加でOK。 午前中は主に、 夢をもつことの大切さについて ワークを含めた確認と 自分を知ること。 午後は実際にドリームマップを 作成するというスケジュール。 3時過ぎから、個人発表なので 保護者の方にもごらん頂きたいなと。 テキスト代と場所代の実費で 1000円@おひとり、ご負担いただきますが 私ともうひとりの講師は ボランティアです。 東豊田・東源台学区周辺で 知人達に声をかけていますが 静岡市内にお住まいの方で 興味のある方がいらしたら どうぞ、ご連絡ください。 事前に準備いただくものもあるので お早めにお知らせいただけると助かります。 当ブログにアドレスを入力して コメントしてくだされば ※アドレスは非公開なのでご安心を 折り返し、お問い合わせ事項に メールでお答えします。 事前に準備いただくものもあるので お早めにお知らせいただけると助かります。 私にとっても、やっと、第1歩。 みんなで、夢を描きましょう。




祝、卒業

無事に講座を
卒業し
ドリマ先生として
第一歩を歩みだします。
みんな一緒に
卒業できたこと、
夢を語り合える
仲間が増えたこと、
ぜーんぶ嬉しいです。
ありがとう!

ドリマ先生への道

昨秋から隔週で取り組んできた
コーチング講座が
いよいよ明日で最終日。
全回出席できたので
無事に卒業し
認定ドリームマップ講師に
なれるはず。
思えば、ドリームマップを知り
その素晴らしさに魅せられ
静岡で初のドリマ講座を
開催し、
ドリマの発案者で
社長の秋田さんに来てもらってから
早や5年。
私もドリマ先生になりたいと
講座受講を考えたことも
あったが
転勤などで環境が整わず
何度か断念したのだが
昨秋、富士で講座を開講するという
思いがけないお知らせに
ビックリ!
夫の協力と承諾を得て
通うことが、ようやく、かなった。
人生はタイミングだよなぁ。
しみじみ思う。
人前で話すことへの
抵抗感などは
おかげさまで、ないため
コーチングの要素を
どれだけ身につけるかが
課題だった。
正直、もっともっと
学びたい気持ちだけれど
あとは、実践で
コツコツやっていこうと。
さっそく、4月に
小中学生を対象にした
1日ドリームマップ講座を
池田の森で計画中。
ドリマ先生は、学校の授業などで
活躍している方も多いが
私は平日の稼働は
現状、難しいので
土日を中心に、地域でコツコツ
子ども中心に、時には大人にも
ドリマの輪を広げていこう!
興味のある方、いつでも
出張しますよ〜。
お声かけください、って
卒業は明日ですが、、、

15分の長いこと

本日のコーチング講座の
課題は
15分間のファシリテーション。
準備はしたものの
なかなか思うようにはいかず
課題山積である。
ただ、ここで気付けたことに
感謝して
次に進めれば
それでいいのかな?

元々、喋り手なので
私自身もハードルが高くなりがちだし
周りの期待値も、また同じ。
その中で、いかに
前回よりもよいファシリテーションが
できるように
とにかく、努力あるのみ。
テクニックを越えた部分で
果たして、どれだけ勝負できるか。
試してみることに
失敗はない!

コーチング勉強中につき

ただいま、コーチング勉強中の私。

来週の講義までに
夢を実現する
アクションプランを立ててもらうという
実習を、行うことになりました。

2人か3人ほど、
相手役をお願いしたいのですが
興味がある方、いますか?

たとえば、
「早起きできるようになる」という議題に対して
現状認識

障害になりそうなことを確認

なりたい自分をイメージ

アクションプラン作成

約束

という流れで、これまで学んだ
質問のスキルを活用しながら
相手の心の中の「答え」を
導き出し
アクションを後押しするというものです。

対面が望ましいのですが
時間がないので、電話もありかなぁ・・・。

身近な人で・・・ということではありますが
ブログをよく訪ねてくださる皆様、
近況を覗いてくれているみなさん、
興味がありましたら、コメント下さい。
メルアドは入力しても、公開されませんので
ご安心を。
もちろん、お名前・連絡先存じ上げている方なら
携帯にコールでもOK。

電話セッションが可能なのは
息子の就寝後なので
22時過ぎかしら。
大体20分くらいです。

対面の場合は、
あまり時間がないのではありますが
お昼休みとか
土曜の夜とか・・・かな?

いかがでしょう?
私の勉強にお付き合いくださる方
いませんか?

講座四日目

本日は、コーチング講座の四回目。
チャンクアップと
チャンクダウンで
具体的な行動までおとしこむワークだった。

枠にとらわれず
答えを導きだすことの難しさを実感。
更に、与えられた自分の課題を
クリアすべく
早めに寝ます!

タイプわけ

先日の講座では「承認」と「質問」についてを
学んだ。
・・・というわけで、日常生活で
どんな体験を積むかが重要。

「承認」のタイプわけを
周囲に目をこらして行ってみよう。

存在承認は、日々、実践が大事。

家庭では、あいにく・・・
破綻?しかけた状況にあるが、
何にせよ、出来る限り私が
「存在承認」パワーを送り
この危機を打破すべく
努力・努力。

そして、存在承認が出来ている
会社では
タイプわけの上での
さらなる「承認」を
どのように、言葉で繰り出すかが勝負。

でも「タイプわけ」という視点で
眺めてみると
ああ、色々いるよねぇ。
わかりやすいタイプから
ちょっと???は工夫型?まで。

でも、往々にして年配男性は
結果第一型が多そう。

ま、不自然にならない範囲で
!!!!!を多用して
承認事例を、重ねてみよう!と。

ホントは・・・??

先日のコーチング講座で
授業最初の振り返りの時に
大学での体験を話した。

およそ100名の学生さんを相手に
話をしたのだが
どうも、手ごたえがない・・・というか
関心がないように見えて
なかなかしんどかった、といった
私の感想で。

講師のAさんからは
「事実はどうなんでしょう?」と質問。
私「事実?????」

確かに、学生さんたちは
はしけいさんから見たら
よほど、関心がないように
見えたかもしれないけれど
ほんとのところ、事実はわかりません。

??????

Aさんも、新入社員研修や
就職面接のためのマナー研修などの
経験が豊富なのだそうだが
同じような印象を持つことが多いそう。
あきらかに、うなずかないし
関心もないし
目も合わないのに・・・
講座が終わったら
「感動しました」と伝えてくる子もいるそうな。

だから、事実なんて
わからない・・・とのこと。

「関心がない」という私の感想は
私が事実にフィルターをかけて
捉えている危険性があるということ。

ふ、ふかい。

だからといって、すぐに
あの日の凹みから
「そうだ!じゃあ、ぜんぜん平気」と
回復は出来ないけれど
そんなものの見方があることに
感動!
そして、難しいよね。コミュニケーションって。

講座三日目

今日は、コーチング講座の三回目。
前回からの二週間に
アラサー講座へのゲスト参加や
大学での講座など、
なかなか忙しかったものの
何とか宿題と課題をこなし
出席。
今日は承認と質問についてを学び
頭をフル活用。
明日からの二週間に
いかに実践、体験を重ねられるか、
勝負

ラポール・ペーシング、傾聴

2回目のコーチング講座では
「ラポール」信頼関係
「ペーシング」相手と呼吸を合わせる
そして
コーチングの3大スキルの1つ
「傾聴」について学んだ。

この3つの単語を、
早速、スケジュール帳に書いて
意識しながらの生活を心がけている。

そもそも、
聴くことについては、
仕事柄、それほど苦手意識はない。
ただし、「客観」と「主観」のバランスが難しい。

仕事でインタビューをする場合
「主観」ばかりでは
いざ、編集するときに、困ってしまうことが多い。

まとまりのあるコメントを
いかに自然に相手から引き出すのか・・・。
どこかに「客観」をもっていないと
最後にまとまらない!こともあり
仕事としては厳しい。

しかし、それで「主観」がおざなりになると
相手から「気持ち」の入った言葉が
引き出せない可能性もある。
100%注力して聞いていないと
どこかで、伝わってしまうものなのだ。
そのかけひき、バランスが難しいのである。

友人達数人と話をしていても
私は、結構、会話量のバランスなどを
知らず知らずのうちに気にしている。
「自分ばかりが話しすぎていないか」
「彼女に水を向けた方がよいか」
「ここは、どんな話題をふるべきか」といった感じ。

職業病とはいえ、
マイナスに捉えれば
結構、嫌なやつかもしれないけれど
それは、それで、染み付いた私の「癖」と思って
適度な距離感でこの「癖」と付き合えば
いわゆる
いい意味での「ムードメーカー」として
重宝されることもあり得るかしら・・・。

B型なので、
突然、超剛速球を投げて
相手をびっくりさせたり
時にけがさせてしまうことが
あるようだが(苦笑・悪意はありませぬので)
それでも、平常時は・・・
相手が嬉しいと思えるような
共感をもてもらえるような
聴き手であり、語り手でありたいと思う。

しゃべることも好きなので
しゃべることと、きくことのバランスも
意識しようと、思ったり。

ペーシング、ラポール、傾聴
実践、実践。

より以前の記事一覧