2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

こちらもおススメ

  • Win-WinProject
    Win-Winを生み出そうと奔走中!私もメンバーの一員です

最近のトラックバック

京の七夕

2泊3日ながら
実質1日だけの京都旅

息子(高1)リクエストで
再びの「幕末旅」となりました

実は私、学生時代
京都にひとり旅が趣味で
嵯峨野の女性専用宿に
1週間くらい滞在して
あちらこちらに出かけてまして
京都の地図は大体インプットされてます

当時、幕末には全く興味はなく
前回(3年前)の幕末旅は
新鮮でしたが、今回は
え!?またかよ~が正直なところ

それでも、仕方なく
息子のプランに乗りました

京都御所(蛤御門)から
霊山歴史博物館
坂本龍馬のお墓に
壬生の新撰組屯所

汗だくだくで動き回りました

新撰組屯所のガイドさんは
丁寧な説明で大満足
知ることは旅を何倍にも
楽しませてくれます

夜は思いきって定期観光バスで
北野天満宮で七夕と七夕会席を
満喫しました

蚊に刺されまくり家族3人で
カユイ、カユイと連呼しながら
学問の神様に願掛け

桐箱に入った
格調高い学業お守り

心の支えになりますように

家族旅行も
もうなかなか行けないかな?

蚊の思い出がラスト旅行では
ちと複雑😆


1533907369219.jpg

1533907370729.jpg

1533907371986.jpg

夏休みシンガポール⑤

無事に帰国しまして

夏休みが終了~。


ノンビリが目標でしたが

やっぱり、どうして

詰め込んでしまいました。


なかなか、体験できない

なかなか、こられないと

思うと、、、

あれも、これも。


年に一度の

我が家にしては

かなり!贅沢な数日間。


息子がブーブー

ごねたりする場面も

ありましたが

最後は、水族館の部屋が

楽しかった!と、

感想をもらしていたので

まあ、心には残ったかしら。


最終日は

正午のチェックアウトまで

二時間以上、

水槽を眺めていました。


お部屋から

水槽を望むスイートなんて

シンガポールの

革新力を感じます。


チェックアウト後は

無謀にも?

プールパークへ。

スライダーや

流れるプールに大興奮。


戻る場所のない私たちは

夕方からは

夜景リバークルーズへ。


クラークキーから

港までの40分。


六年前にも同じコースを

辿りましたが

マリナベイサンズをはじめ

マリーナ地区の発展ぶりは

驚くばかり。


深夜出発便のため

島に戻ってからも

まだ、時間がたんまり。


そこで、クレーンによる

ダンスショーを見学することに。

セントーサ島の噴水ショーは

有名ですが

こちらは、無料につき

気楽に見たけど

いやあ、面白かったわぁ。

アイディアだね。


空港では二時間もあり

しかも!

洗練されたSHOPばかりで

やることなし。

プールに疲れた息子は

寝たいよ~と

最後のダタコネ。

うん、確かに疲れた、同感!


動き回った四日間。


また、驚きに行くことが

あるかしら?

49051870.png

49235172.png




夏休みシンガポール④

今回の旅行の目玉は

セントーサ島の

オーシャンビラホテルの

スイートに一泊だけ!


お部屋は二階建て。


一階のベッド正面には

大水槽!

さらに水槽の前には

バスタブが。


さすがに、入るには

勇気が必要なので

足湯~しながら

海中散歩気分で

じゃらん、じゃらん。


ちなみに、二階には

屋外ジャグジーで

超リッチ。


息子は、ずっと水槽の前に

張り付いています。


色々と、上手くないことも

多いのですが

ま、いろんな意味で

忘れられない夏休みに

なりそうです。


ユニバーサルスタジオにも

行ってきました。


しかし、英語が出来ないことが

こんなに歯がゆいなんて!


rps20140730_215115.jpg


rps20140730_215148.jpg




夏休みシンガポール③

多民族国家の

シンガポール。


インドに

アラブに

チャイナ!


市内を走り回り

マリナベイサンズで

なぜかスケートして

夜まで

チリクラブ&ナイトサファリ!


充実の1日。


明日はマイペースで

いよいよ旅のクライマックスへ。


82341386_1.png

96489894_1.png




夏休みシンガポール②

無事にシンガポール到着。

長かった~。

映画三本、見ましたよ。


明日までは、旅行会社セレクトの

ホテルに滞在。

中華街まで、徒歩圏内につき

六年前に

知人の紹介で訪ね

餃子が格別だった

Jinhuaへ。


空腹すぎて

ご覧の始末、、、。


いろいろありますが

ま、どうにか

始まりました。

13228460.png


13266962.png




夏休みシンガポールへ①

厳選した友人の?!

オーストラリア出身、

カンガルーのカンガ君を詰め込み

出発です。


行き先はシンガポール!


何と、前回、年長組の時の

シンガポール旅行にも

カンガ君は同行しています。


六年生ですが、何か?


55748391.png




今夏はグアム⑤

最終日は
予告通り、帰るだけ。

息子の悩みは
レストランと
潜水艦ツアーでもらった
バルーンアートの剣2本を
持って帰れないこと!

夜明け前のホテルで
苦悩しています。

Photo_26


こんなに早く
空港に送ってもらっても
何もすることがありません!

しかも、免税店も
ロッテが入っているということで
ちょっとしたお土産が皆無!
甥っ子に
「I LOVE GUAM」のTシャツでもと
思っていたのに当てが外れました。
買い物は、済ませておきましょう。
空港には、何もございません!

早朝便とあって
飛行機もガラガラ。

一本、映画を見て
うとうとしていたら
到着しました。

ウクレレ背負って帰国です。

Photo_27


名古屋空港で
ちょっと早い昼ご飯を食べて
2時頃には自宅に帰宅。

洗濯3回回して
最終日が終わりました。

はぁ~。
明日から仕事かぁ。
と家の中はため息だらけです。

子どもがいると
「夏休み」に疲れてしまう・・・
っていうか、結局、全然休んでない!のは
私たちが、休み下手だからかな?
毎年、そんな風に思うのです。

それでも、息子が
楽しかったのであれば
それでよいかと思うのも
毎年のこと。

今年は、初日と最終日が
慌ただしかったのは反省!

来年の課題です。

・・・というわけで
お楽しみいただけましたか?
夏休み報告。

え?疲れた?
そうかもしれませんね。

ちなみに、私の腰は
軽めのぎっくり腰のようなもので
骨には異常はなく
今は、痛みこそ消え
何となくだるい・・・感じにまで回復しました。

来年は、どうなるかな?
今年、目論見が外れたコタキナバル?
シンガポール?
それとも?????


今夏はグアム④

だまし、だまし
SATOHAPと鎮痛剤で
腰痛と闘いながらの
グアム4日目。
最終日は7時半のフライトなので
実質、最終日です。

込み合う時間を避けて
少し早目の朝食をとった後
ホテルの前の海岸をお散歩。

Photo_14


Photo_15


虹です!!!!
早起きは三文の得!

Photo_16


やどかりなどを探して
のんびり過ごしたあと
この日は、息子のリクエストで
潜水艦ツアーへ。

バスで30分程揺られて
船着き場へ。

船に乗って
15分程の沖合で
現われました!潜水艦浮上。
Photo_17


サンゴ礁を眺めたり
水深40メートルまで行ったりと
そこそこ!楽しみました。
さほど、美しく
海底が楽しめるわけでもなく
宣伝写真のように
ウミガメに遭遇することもなく
ま、乗組員が陽気ということに
感心するくらいでした。

それでも、息子にはよい体験!
だったと信じます。

Photo_18


さあ、午後はプール!

その前に、海もいきましょう!

オンワードは
海も楽しめて
ほぼプライベートビーチな海岸には
マリンクラブがあり
宿泊客は、シュノーケリングや
カヌーが無料で楽しめるのです。

では、家族3人、力を合わせて
カヌーでGO

Photo_19


Photo_20


目の前の無人島に上陸。

Photo_21


そして、ホテル前に帰還。

Photo_22


プールで遊びたい息子、
必死でこぎました。

プールでは・・・
さすがに疲れた夫。

Zzz


息子は波のプールで遊び
私はリハビリ!
平日で空いていたこともあり
色々な遊びを提供してくれました。

Photo_23

息子は、2種のスライダーに夢中で
最初は怖がっていたのに
この日は、何度も何度も
すべってました。
やってみることが大事なんだよ!

さて、最後のディナーは
ホテルのイタリアングリルへ。

Photo_24


Photo_25


高めでしたけど
美味しかったです。
主婦にとっては、
準備も片付けもないだけで
ごちそうなんですけどね。

最終日は帰るだけ。
なんと、4時35分には
バスのお迎えが来ます。

短かった?長かった?
グアム旅。
プール三昧だったことは
確かです。


今夏はグアム③

さあ、3日目は
私も楽しみにしていた
イルカウォッチングと
底釣り半日ツアー。

ところが、朝食に行こうとした
その時、
空のスーツケースを
動かした瞬間!
グキッと腰が・・・

イテテテテテ

これって、ぎっくり腰?

それでも、何とか
歩くことは出来たので
朝食会場に出向き
(息子に料理は運ばせ)
腰をさすりさすり
一日をスタート。

ちなみに、オンワードは
朝食がつくのがうれしい!
特段、おいしいわけでもないけれど・・・
息子は、毎日、朝からカレーを
食べておりました。
和洋食、なんでもあります。
ただし、結構、込み合うので
早めに行くのがよいかも。

さて、3日目。
さすがに湿布はなかったので
痛み止めを服用し
バスへ。

ホテルからおよそ30分程の
アガット湾から出航。

すると、10分ほどで
「いるか、いるか」と
船頭さんが!

Photo_7


同じタイミングで
数隻の船が同様に
ウォッチングに出ていて
イルカが出没すると
みんなで駆けつける・・・感じ。

Photo_8


船に並走するイルカや
船の真下を
すんごい速さで移動するイルカに
大興奮!
写真を撮る間もありません!

Photo_9


小一時間程度、イルカ探しをして
そのあとは
シュノーケリングや
釣りを楽しむ時間に。

「釣り」と言えば
腰の痛みなんて
どこ吹く風!?

釣りましたよ!
南国の魚。

Photo_10


残念なことに、20分程
激しい雨にあい
中断せざるを得なかったものの
さっきの雨はどこ?という風に
からっと快晴に戻り
私たちもホテルへ帰着。

ここで、息子に大サービス。
ホテルのレストランで
寿司・天ぷら食べ放題の
サンデーブランチ!
寿司、麺類、鉄板焼き、
デザート、コーヒーまで
なんでもあって大満足。
日曜日のオンワードランチ!
おすすめですよ。
大人26ドル、子供14ドルでありますが。

さて、満腹後は
プール!!!!!!

え?腰痛?

はい。痛いですよ。
でも、楽しまなくちゃ!
リハビリです。

この日は営業していた
流れyるプールに
調子に乗って
スライダーまで。
Photo_11

さらには、ボディーボードも。
Photo_12


ええ、両方、私は映っていませんが
大体、何事にも慎重な
我が家の男性陣。
母である私が
まず見本を見せて
(毒見をして)
それから・・なんです。
なんでも、かんでも。

プールの後は
一日くらいは
街にでようと!
DFS行きのタクシー無料券を使って
お街へGO。

まずは、お腹を満たすべく
TGIフライデーズで
陽気にアメリカンなディナー。
ステーキにパスタに
ハンバーガー!
息子は、山盛りのオニオンフライに
大興奮でした。
お代は、結構・・・観光地価格でありましたが。

Photo_13


適当に、お土産を見繕い
またもスコールを
マクドナルドでやり過ごし
21時を回るころ
トロリーバスでホテルに帰還。
やっぱり、市街地のホテルが
よかったかなぁと思ってしまう
微妙な距離感です。

あ、そうそう。
腰痛ですよね。
なんと、ホテルのコンビニに
湿布薬を発見!
SATOHAPという
佐藤製薬の製品でした。
何とか、これで
痛みを紛らわせています!

早、明日は最終日。
まだ、海に入ってません!

飛行機乗ってプールだけ?

今夏はグアム②

さあ、グアム2日目。

何にも決めずに来たので
初日の夕方
ぎりぎりセーフで飛び込んだ
ホテルのツアーデスクで
申し込んだ
JTBツアーのオプション無料
半日島内観光へ。

下車しても一か所15分程の
慌ただしさで
スペインの名残のある公園や
展望台、海中展望塔、
ショッピングセンター
恋人岬などをぐるり。

どこに行っても
とりあえず観光!の夫は
地図を見ながらご満悦!?

息子は、新調したカメラを手に
撮りまくり。

1

Photo_3

ショッピングでは
ちょうどメイシーズのSALEで
息子のTシャツやらなにやらをGET!

500円くらいで
アメリカーンなTシャツが買えて
時間ぎりぎりまで粘る。

滞在のホテルは
市街地から外れていることもあり
ツアーは中心部で下車して終了。
お昼は、焼き肉店の冷麺を食し
ホテルに戻る。

さあ、午後はプール三昧。

Photo_4


部屋から、水着で
海にもプールにも行けるのが
楽ちん!

プールパークは
土曜日だからか
現地の方も多くて混雑。
やっと、やっと
プールサイドにスペースを確保し
息子は波のプールで
ちゃぷちゃぷ。

初日は、流れるプールが
メンテ中?で使用できず
少々、物足りなさもあったが
毎日、通うことを考えれば
よしとしますか。

この日の夜は
JTBツアーに付属の
ハイアットでのBBQ

Bbq


ついでに、ベネッセ監修の
英語体験コーナーも
お楽しみ。

Photo_5


Photo_6


長い長い一日でした。