2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

こちらもおススメ

  • Win-WinProject
    Win-Winを生み出そうと奔走中!私もメンバーの一員です

最近のトラックバック

沖縄7人旅【最終日】

楽しかった7人旅も
今日が最終日。
なぜか、前日深夜に盛り上がりを
見せたのがトランプ大会!
Photo_4

朝食後も、再び
トランプ大会!
Photo_5

で、ホテルのお部屋は
バルコニーつきでしたのでご報告。
(海は残念ながら、やや遠め)
Photo_6

午後2時半のフライトなので
あまりゆっくりはしていられないと
荷物をまとめて
名残惜しいものの
巨大リゾート・カヌチャベイに別れを告げ
最後の目的地・首里城へ。

わが母子は、2度目の首里城だが
前回同様、息子はスタンプラリーに夢中。

Photo_7

単純な男である。

今回の旅は
私が添乗員&カメラマンだったので
母子で写真を撮る場面も
ほとんどなかったので
首里城の方に1枚撮影をお願いした。
証拠写真!

Photo_8

そんなこんなで
つたない7人旅の報告が
およそ半年たった今日
やっと完結(苦笑)

静岡空港では、出発便が遅れるアクシデントに
見舞われたが
それはそれとして・・・
到着便は、時間通り。
さらに、帰宅もスムーズ。
大人数だったり、子連れには
羽田や成田に行くよりは便利かな?

中学2年の甥っ子は
年度が替わって受験生に。
姉も、異動先の小学校が
マンモス校で大変そうだし
母と父は元気だけれど、
やっぱり、それなりに年を重ねていて
こうして、みんなで一緒に遠出できることも
なかなか難しくなっていくし
好機は逃さず、
楽しい思い出を繋いでいきたいなぁ。

添乗員・はしけい。
今回は、けんかもなし!
みんなの満足の笑顔が見られて
よかった、よかった♪

そして、報告もちゃんと終えられて
よかった♪よかった♪


沖縄7人旅【3日目】

沖縄7人旅のこと、
すっかりまとめないうちに
早5ヶ月!

3日目の様子を、思い出しながら・・・


3日目の朝食は「和食」に。
朝食ビュッフェに
期待しすぎた昨日を反省?し
のんびり、和食。
朝定食なのに、座敷を貸切。
7人もいると、いいことあるねぇ。

さて、今日はドライブ!
やや曇りがちのお天気だが
雨が落ちてこないうちに「行こう!」と
車を走らせる。

カヌチャから山を越えて
最初の目的地となる
ブセナ海中公園へ。

山生まれ・山育ちの両親は
「海」への憧れが強いのか
昔から、海沿いのリゾートに行くと必ず
ボート(遊覧船含む)に乗りたがる。
やや、波が高いかと心配もあるものの
ここでも、まずは、海中を見ることができる
「グラスボート」に乗船することに。
Photo

途中で、海にえさを投入すると
色とりどりの魚達がうじゃうじゃ集まり
一同、大興奮。
なぜか大盤振る舞いの「大蔵省」母。
船に搭載されているえさを
最後はすべて買い占めるほどの
盛り上がりぶり。

およそ20分ほどの
グラスボードを楽しんだ後は
小雨がぱらつく中
海中展望塔へ。
小さく開いた丸い窓から
色とりどりの魚が横切るたびに
姪っ子も母も!
「見て!見て!」とまたまた大興奮。
施設そのものは
ややくたびれた感じだったが
これだけ喜んでもらえれば
嬉しいに違いない。は・は・は。

車に乗り込み
空模様を気にしながら
次なる目的地は・・・
万座毛!

車を止めると、運よく雨が上がり
海の方に向かうその途中
立ち並ぶみやげ物店に
姪も息子も釘付け。
息子は、海ぶどうの前で立ち尽くす始末。

その手を引いて・・・
絶景の岬へ。

所々の断崖に「立ち入り禁止」とあるのに
それをもろともせず!?
立ち向かっていくばぁば。
Photo_2

本当に、子どものような人です。

さて、絶景を楽しんだ後は
お買い物♪
小学生は、お友達のお土産
まとめ買いに
万座毛売店、おすすめです。
なんてことない!ストラップなら
100円くらいなので。
(姪っ子も甥っ子も大量購入)
さらに、海ぶどうもお安く!
何と、息子は1パック購入し
車で食べちょりました。

そろそろお昼ごはんなのだけれど・・・
思うようなところがなく
安心の「ホテルランチ」で
一昨年の夏に宿泊した
「ルネッサンスリゾート」のビュッフェへ。
大人2000円、子ども1000円なのだが
いやあ、美味しくて大満足。
Photo_9

種類も豊富だし
デザートは、シェフが目の前で
クレープ焼いてくれる・・・。
食事はやっぱり
カヌチャよりルネッサンスに軍配が。

海岸線を今度は反対に見ながら
ホテルに戻り
予約してあった「琉球衣装」での
家族写真撮影に。

何でもかんでも
楽しそうなことはやってみよう!が
我が実家の遺伝子なのか、モットーなのか。
パチリ。

Photo_3

ホテル最終日は
コテージからホテル棟に移動。
荷物も運んでくれてあるし
客室も広めでのんびりできるし
こちらもなかなかGOOD。
(両親はコテージがよい!と言っていたが)

最終日は、ホテル内の居酒屋で
沖縄の郷土料理に舌鼓。

さらに、私と姉と姪は
ガラス工房にかけこみ
トンボ玉作りにトライ。

3日目も充実した1日で
みんなぐっすり。

早いもので、明日は最終日。

沖縄7人旅【2日目】

コテージで広々、のびのび過ごし
いよいよ2日目。
昨日の出遅れを取り戻すべく
張り切る7人旅。

朝ごはんは
4箇所のレストランから選べるが
とりあえず洋食ビュッフェに。

カートに分譲してGOGO。
Photo


このカート移動、
子どもはもちろん、大人にも受けてたわ。

朝食は、残念ながら
いまひとつ・・・かな。
(前回宿泊のルネッサンスと比較すると)
ま、こればっかりは仕方ない。
気を取り直して!?
今日のお出かけコースの確認。

メーンは、何といっても
美ら海水族館と今帰仁城跡。
古宇利島にも、行きたいなぁ・・・。

で、今日は私がハンドルを握って
わいわい出発。

ドライブも、海が見えるので快適!
いつもの旅では、専ら運転手のじぃじが
後部座席にいるのも不思議な感じ。

美ら海水族館では
息子が、どうしても!
水槽の前でスパゲティーを食べる!と
言ってきかず・・・・
みんなはゆっくりと見ているのに
私と息子は、早々、大水槽の前のカフェへ。
Photo_2


まだ午前中で、カフェも空いていて
水槽近くの特等席をGET。
じんべいざめを楽しみながら
パクパク、ごくごく。

そのうち、みんなも合流して
一休みしたあと
いるかショー組と洋ラン組に分かれて
公園内を散策。
洋ラン組は、じぃじとばぁばに姪っ子が。

後で聞くと、姪っ子ちゃん。
じぃじとばぁばがけんかしないように
監視役で付いて行ったんだそうで
感心、感心!

お腹も空いたので
公園のすぐそばにある
レストランへ。
定食や、沖縄そばなど
思い思いのメニューで
お腹を満たしたのだが
息子は・・・・なぜか海ぶどうだけを
もくもくと食べている。
Photo_3

この食感がたまらないらしい。
ま、さっき、スパゲッティー食べたから
よしとするか。

再び、車を走らせて
今帰仁城跡へ。
Photo_6


「テンペスト」で予習?してきたので
城壁の跡などをみると
ゾクゾクする感じで
そのスケールの大きさに感動。

一通り、歩いて
戻りながら・・・・
じぃじ、さとうきびジュースのお店で
「さとうきび」を無理やり譲ってもらったそうで
みんなで、ちゅうちゅう。

「懐かしいなぁ」
「じぃじとばぁあはこうやって食べたんだ」なんて
会話が飛び交い、
3世代旅行、万歳!って感じ。
↓さとうきびと格闘するじぃじ
Photo_4

私と息子は・・・どうも、この甘さがダメで
早々に、年配組に返却。
じぃじは、車にまで持ち込み
最後までちゅうちゅう♪していて
バックミラーごしに見えるその顔に
思わず、噴出してしまう。

カーナビに案内を任せて
古宇利島に向かうと
途中で、どうやら新しく開けた道を発見。

大回りせずに、島まで行ける橋が
何と、今月開通したばかりらしく!
カーナビ上は海の上を
すいすい・・・車を走らせることに。

車窓にはサトウキビ畑。

そして、長い長い古宇利島への橋を
往復してホテルへ。

ドライブを存分に楽しんだ後は
ホテルステイを満喫。
息子と私はプールへ、
そのほかは、思い思いに
エステやマッサージ、
ホテル散策で過ごして
夕食はホテル内の日本食レストランへ。

息子の海ぶどう丼!をはじめ
ここでも、思い思いに好みのメニューを楽しみ
じいじと子ども達は、早々にコテージへ。

オトナの女性陣(ばぁば、姉・私)は
ゆったり食事を楽しんだ後
園内バスで、イルミネーションを堪能してから
お部屋へ。
Photo_5

そこから、私と姉は、フレイシャルエステへ。
さすが、高級リゾート。
対応が素晴らしく、
セレブ感を満喫して、2日目終了。

明日は、恩納海岸などを
ドライブして、
さらには、ドキドキの
記念写真撮影の予定も!

沖縄7人旅【初日その2】

やっと到着した
今回の旅の宿泊地
「カヌチャベイリゾート」
空港からは車で90分と
やや遠いけれど
何といっても広大な敷地と
リゾート感たっぷりの雰囲気に
我が家、初トライ!

到着すると、受付時にフロントで
「7名様であれば、コテージもご案内できます」
とのこと。

「コテージもいいねぇ」と
皆で相談した結果、
3泊のうち、2泊はコテージで、
一泊はホテルステイでと
わがままをお願いすると
「大丈夫ですよ」と受付の方。

だって、次にいつ来れるかも
わからないし
どっちも体験したいもの。

さて、腹ペコ7人組。
敷地内を移動する
カートに分譲して
コテージへ。
↓昼間のカート移動
Photo_4

敷地内は、見事なイルミネーションで輝き
一同、大興奮!

カートを操り、到着したコテージにも
感嘆の声!
↓昼間のコテージ
Photo_5


Photo_6


広いし、一戸建てだし
海は遠くに望めるし
お風呂にも大きな窓!

やや古さは否めないけれど
でも、この開放感に大満足。

しかし、お腹も空いているので
部屋の探索もそこそこに
敷地内の中華レストランへ。

再度、カートに分譲し
走ること5分。

7人で予約していると告げると
どかーんと、広々個室に案内され
またもセレブ感たっぷり。

Photo_3

コース料理を中心に
一品も加えて
食べる!食べる!

途中、普段、飲まないのに
ビールをグラス一杯のんだ母が
気持ち悪い~横になりたい・・・と
手を震えさせるアクシデントが
あったものの
ソファーに横になると
ものの30秒で
信じられない回復を見せ
無事に部屋まで戻れることに。

一同、ほっ。

そんなこんなで初日終了。

何せ、部屋が広いので
じいじ×1部屋
姉一家×1部屋
わが母子+ばあば×1部屋に
まだ和室1部屋と
リビングに余裕があるほど。

静岡空港で足止めになるなど
長い長い1日だったけれど
この開放感に
救われたよ~♪

2日目は、美ら海水族館方面に
ドライブ予定。
私が運転手です!うっす。

沖縄7人旅 【初日その1】

いよいよ始まる
「沖縄7人旅」
メンバーは、じぃじ+ばぁばに
姉一家(姉+中2のおい+小5のめい)に
わが母子(私+小2の息子)

富士山静岡空港の
12時30分フライト便(ANA)ということで
静岡市内から出かける私達と
富士山のふもとから出かける5人は
11時に、空港で待ち合わせることに。

無料の駐車場に車を置いて
荷物を転がしながら
やや閑散とした空港のカウンターに到着すると
いたいた・・・
挙動不審?な5人組。
私の顔を見るや否や
姉が渋面で「飛行機遅れてるんだって」という。

え???

カウンターでたずねると、
沖縄便で使用する機材は
この日の朝、仙台→札幌→静岡→沖縄という
仕事をする予定なのだが
仙台が、朝、霧のため2時間ほど
空港閉鎖になったとのこと。
その分の遅れで、離陸予定は
当初の12時30分から2時間半遅れの3時!!

うーん。
何もすることがないし、する場所もない。

とりあえず、1店舗だけの
空港内セルフレストランに入り
昼食を済ませてから
7人はそれぞれ・・・
待合コーナーでテレビを見たり
売店を何周も見て回ったり
しまいに、我が家は、なぜか「剣のセット」(390円)を
息子に買わされたり・・・。

よもやの遅れに
チェックイン時間の変更を
ホテルに連絡しつつ
ホテル内のレストランも予約。
何せ7人の大所帯なので、
食事場所も重要なのである。
Photo

本を読んだり(私と姉)
宿題をしたり(おい)
テレビを見たり(そのほかの人たち)
ついでに、観光客を装い?
お茶紹介コーナーで静岡茶を堪能したりしつつ
ようやく保安検査場へ。
やっと、旅が始まる♪

この頃には、なんだかメンバー一同
ナチュラルハイな状態で
8歳の息子から68歳のじぃじに至るまで
全員で「渡部陽一」しゃべりの
真似をし合うなど
たぶん、周辺から
みたらかなり浮いていただろう私達。

ほぼ満員の機内では
3人+2人+2人にわかれて搭乗。

いすに座ってほっと安堵のため息。
しかし、あまりにも長時間待ったので
「やることがない!!」

そんなこんなで、暇をもてあましつつ
およそ3時間の空のたびを経て
夜もすぐそこの18時、那覇空港に到着。

夜とはいっても
やはり南国。
それぞれが、上着を1枚脱いで
レンタカーステーション行きの
満員バスに揺られ
4日間のおとも・TOYOTA NOAHをレンタル。

ここで発覚。
姉のぼけ「免許証、忘れた!」
↑確信犯?

ま、我が家では、ドライバーは
父か私というのがお決まりなので
ほぼ、姉のぼけ科白は流して・・・
父が運転席、私が助手席(ナビ担当)
その他大勢が後ろに陣取って
いざ、カヌチャベイまで
1時間半のドライブスタート。

なぜか車内では
母お得意の「百人一首特訓」が
始まる中??
自動車道を終点(許田)までひた走り
ちょっとした峠道を抜けて
到着!カヌチャベイホテル。

広大な敷地には
イルミネーションが点り
歓声を上げながらも
車内からは「お腹すいた~」の大合唱。
Photo_2


ホテルでの様子から夕食までは
初日その2に続けます・・・。

沖縄7人旅~イントロ~

年末の沖縄7人旅。
その記録を、このブログにも綴っておこう。
(ちょびちょびと・・・)

今回の7人旅。
言いだしっぺは、シングルマザーの姉。
息子(甥っ子)が、来年は高校受験を控え
これまで、夏休みを中心に
じいじ・ばあばと共に行った「家族旅行」も
これが最後!
ならば、妹の私も巻き込んで
「拡大7人旅行」はどうか、というのである。
ちなみに姉は、数年前にも「これが最後」と
家族でオーストラリアに行っている(苦笑)

そもそも、旅のプランニングに
ものすごく積極的かつ責任感の強い私。

「よっしゃ、引き受けた!」と
10月はじめから、旅行パンフを漁りはじめ
7人で行く旅行のイメージをふくらませたのである。

しかし、あとで考えたら
姉の狙いか?????
上手く、活用されたようである。

さて、旅人の構成をあらためてみると
60代後半のじぃじ・ばぁば(ともに健康&大食い)
40代、沖縄2度目の姉と姪(小5)、甥(中2)
そして40代、沖縄2度目の私と息子(小2)の
バラエティに富んだ計7人。

今回の旅では「今までにない体験!」を
盛り込みたいと言うのが
私の思い。
どうにも「せっか血」が流れている
はしけい家にないもの・・・・・
それは「リゾートでゆったり」

そこで、宿泊先を連泊とし
いわゆる「リゾートステイ」をベースに
プランニングすることに。

しかし、ここで、息子から3つのリクエスト。
・大きなお風呂
・室内プール
・カラオケ

うるさいじぃじ・ばぁばも納得させ
子ども達も喜び
しかも、観光もそこそこ盛り込んで・・・

諸条件を鑑みて、絞り込んだのが
前回、家族3人で宿泊した
「ルネッサンス・リゾート」か
「カヌチャ・リゾート」

静岡空港発のプランとあって
空席状況などをふまえ
早めの決断が必要だったため
悩みに悩んだ結果
初!体験の「カヌチャ」に決定。
大人数で行くことから
部屋の広さが決め手に。

早速、弟の旅行会社経由で
JTBの航空券+ホテル+レンタカーの
パックツアーを即手配。

その後、ホテル内移動がスムーズで
食事の評判の良い
「ルネッサンス」が再浮上するも
その時点で、既に、満室!ということで
浮気の虫も封じられ?
パンフレットと電卓に向き合った
数日間を経て、
年末3泊4日の7人旅の催行決定。
ちょうど、12月23日が休日出勤だったので
28日に「代休」を取ることも
同僚に打診。
今回留守番になる夫にも了解を得て
あとは、旅立つだけ。

しかし、なぜ沖縄だったかというと
3泊4日で、年始には自宅にいたいという
旅人達の要望もあり
その基本条件で
海外についても色々調べたのだが
高いんだよねぇ、びっくり!
グアム・サイパンも軒並み
同日程で15・6万/1人は当たり前。
ホテルグレードを上げたら
まったく、予算の外!ということで。

あとは・・・羽田発着は
便もたくさんあるし便利なのだけれど
そこまでの移動(31日の帰り含む)が
大変になってしまうかなぁということで
「富士山静岡空港」を使うことに。
3泊4日のプランであれば
初日は移動だけでもよいか!と
思い切ったわけ。
実際には、思いがけないハプニングにも
のっけから遭遇したのだが
それでも、最終日は
のんびり・ゆったりの帰途で
目論見どうりだったか。

さて、続きは旅の様子から。
冒頭のハプニングの件も
詳しく。